風俗を毛嫌いする前に | 風俗を毛嫌いする前に、一度デリヘルを呼んでみては?人生変わりますよ。

 

デリヘル西川口のような工業デザイナー

  • 投稿者 : あったかいんだから
  • 2013年12月12日 9:34 PM

西川口に対し「こんなことは最初からしなければよかったのよ・もしひと言でも謝ったら、私、あなたの首を絞めてやるわ!」デリヘル嬢はぷいとバスタブから出た。激怒のあまり、バスタブの湯を床にはね散らしながら。不機嫌な様子のまま、彼女はバスローブをつかむと、あっという間に化粧室を出ていってしまった。しんとした沈黙が急に訪れる。おそらく西川口よりはまったく、女とはなんと複雑な生き物だろう。なんと理解不能で、謎めいていて、厄介な存在なんだ。ところで西川口 デリヘルなんて当惑しながら、バスタブに沈み込む。西川口であれさっきの強烈なオーガズムのせいで、まだ膝に力が入らない。バスタブの縁に両手をかけ、なんとか体を支えながら布を取り、体を洗い始める。そうするうちに、全身にまた精力がみなぎってきた。次の交わりに備えて、体をゆっくりと乾かし、慎重にズボンを穿く。さっき、デリヘル嬢は嵐のような勢いで出ていってしまったが、外へ飛び出していったとは思えない。たぶん階下に下りていったか、もしくは、どこか別の寝室で怒りをもてあましているのだろうそんなことをぼんやりと考える。だが驚いたことに、デリヘル嬢は僕のベッドに横たわっていた。僕の枕に頭を乗せ、ボールのように丸くなり、こちらに背を向けたままで、手編みの掛け布をかけている。そのひどく小さくて弱々しい姿を見た瞬間、ある確信が心をよぎった。僕はもう、このベッドでひとり寝をすることはないだろう。デリヘル嬢がいないこのベッドなど考えられなくなってしまうに違いない。彼女の小さな体は、その存在の大きさをはっきり主張しているように思えた。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。